Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

+M

My daily life

【知らないとヤバい?!】定期借家契約と普通借家契約の違い

雑学/知識

 

最近賃貸の契約関連のトラブルが発生して賃貸契約について少し詳しくなりました。

そこでみなさんに質問。

 

自分の住んでるお部屋の賃貸契約、普通借家契約と定期借家契約のどちらで結んでるか知ってますか?

さて、まずは定期借家契約と普通借家契約ではなにが違うか知ってますか?

そしてどちらで契約してるか知ってますか?

定期借家と普通借家では決定的に違うものがあります。

 

 

定期借家契約

定期借家契約とは、いつからいつまでと賃貸契約期間がきまっている契約のことです。契約の更新がなく、例えばH28.1.1~H28.12.31までなど具体的な日数が決まっていて、確実にお部屋が空くことが決まっています。この定期借家契約ではこの契約書プラス、公正な書類で契約の更新がなく期間の満了とともに契約が終了することを借主に説明しなければいけません。これがないと普通借家契約になってしまいます。

 

普通借家契約

契約期間は1年か2年契約です。借主がまだ済みたい場合は契約期間終了時に更新の拒絶は貸主には正当な理由がない限りできません。よって契約期間は借主の意向と貸主の事情によって左右されます。

 

主な違い

  • 定期借家契約は1年未満の契約期間にも対応しているが普通借家契約は年単位になる。
  • 定期借家契約は入居日と退去日が決まっていて更新はないが、普通借家契約は契約期間が満了しても更新が可能。
  • 定期借家契約は更新がないため賃貸契約書とは別に貸主が書面で借主に更新がないことと契約満了にともないお部屋を明け渡すことを説明しなければならない。
  • 定期借家契約期間が1年以上の場合一年前~6か月前に借主に契約が終了することを通知しなければいけない。1年未満の契約期間の場合は事前通知は必要ない。

 自分の賃貸契約がどちらで契約してあるか確認しよう。

自分の賃貸契約がどちらで契約してあるか、知っておいた方が絶対いいです。私の場合はかなりトラブりました。

まぁ普通であれば賃貸契約でトラブることはまずないと思うんですが。

 

私のトラブルケース

私、賃貸契約でちょっとごたごたしました。

定期借家契約書で契約を締結したが、もらったのは定期借家契約書と家賃の合意書だけでした。定期借家契約書の明け渡し日の書類がなかったため、契約書には更新なしと書かれていたが、そのまま家賃を払い続け住んでしまっていました。賃貸会社から連絡がきたのは契約が切れた期間から一年後。再契約書の内容を聞いて、めんどくさかったのとかなり再契約書の内容が私にとって不利なものなのでそのまま退去することにしましたが、退去するのに契約期間がない期間の契約書を書いてくださいと言われたり、緊急連絡先の人の身分証の提示を求められたが緊急連絡先の人に断られたりしました。

 対処方法

いろんなところに相談の電話入れました。友達と話しても知識がない者同士で堂々巡り。

相談を入れた機関や紹介された機関はこちら。

 まずは法テラスで相談しましたが専門家を紹介してもらいました。

それが都市整備局住宅政策推進部。かなり電話がつながりにくかったです。

ちょっと状況が進んでから国民生活センターに相談しました。お住まいの県の市区町村のセンターに電話しないと相談にのってくれないかもしれません。

国民生活センターで相談したらもしまだトラブったら不動産適正取引推進機構に連絡してみてくださいという感じで紹介されました。

 たらい回し感ありますがどこの人もそんな乱雑な感じではなかったので良かったです。こういう困ったことがあると内心ドキドキで心休まらないですよね。

友達と話してても解決する気配が一向に見えてこないから全然すっきりしないし。

やっぱり公的機関に相談を入れた方がいいです。

 

あと、相手の不手際があっても責めない心、できる限りのことをしてあげる広い心をもっておくといいのかなって思いました。

もし私が「意味わかんないから。」って言って態度が悪いと向こうも対応するの嫌になっちゃうと思うんですよね。私も今回賃貸契約でトラブってすごくイライラしたし怒りたい気持ちがたくさんありました。

性格上、公な場所でそういった個人的感情をむき出しにするっていうのが苦手なのもありますが、誠意という言葉を使っていいならば怒る気持ちは置いておいて誠意をもって対応してよかったと思いました。