Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

+M

My daily life

【必見!】シェアハウスに住むメリット、デメリット

生き方

東京に居住を構えてから7年間ずっとシェアハウス住まいです。 つい最近ブームがあったけどもう終わったんじゃない?とか思う人もいるかもしれません。 私はブームに乗るためにシェアハウスに住み始めたわけじゃないんです。

 

私がシェアハウスに住み始めたワケ

東京に住みはじめたとき私は学生でした。私の親は離婚していた母と一緒に住んでましたが母が仕事を辞めて彼氏と一緒に住むと言い始めたので、新しい伴侶ができたことは応援するけど自分が母と彼と一緒の部屋に四六時中いることを考えると苦痛だったので引っ越しを決めました。 親も家具や家賃など援助ができるほど金銭的に余裕がなかったので家具などついてるシェアハウスというものに住むことにしました。 学生(まだ親の援助やお金が必要とする)時代にいきなり自立せねばならなくなったので、その選択肢として自分のプライバシーを犠牲にして家具など買うお金を削減したかったからシェアハウスに住み始めました。

シェアハウスに住むメリット

  • 家具を買わなくていい
  • たいてい誰かいるから安心できる
  • 友達が増える
  • ハウスパーティなどがある

洗濯機、乾燥機(あるところとないところがある)、掃除機、自室だとベッドの枠、机、いす、キャビネットまたはクルーゼットは備え付けです。 各居住者で用意しなきゃいけないものは寝具(敷き布団またはベッド用マットレス、毛布)くらいです。 最初にシェアハウスで知り合った人たちとはちょくちょく連絡を取り合っています。

シェアハウスに住むデメリット

  • いつも生活音が聞こえる
  • 自分の家にいるのに最低限のコミュニケーション力が必要になる
  • ルールがある
  • ルールを守らない人もいる
  • 掃除当番などあるところもある
  • 備え付けの家具が合わない

一人で住んでたら聞こえないような物音がします。洗濯機の音だったり扉を閉める音だったり、シャワー音やドライヤーの音。挨拶程度できないと、ご近所の関係は冷え切ったところからスタートします。 ルールがあるのに守れないとご近所さんから苦情などきます。掃除当番がある家に住んだことないですけど大変そうですよね。 備え付けの家具は退去のときに入居のときと同じ状態にしなければなりません。スペースも必要なので気軽に家具を増やせない。備え付けの小さい机にモニターとキーボードを置けばスペースがもうないなんてことも。

私がシェアハウスに住み続ける理由

シェアハウスに住む人は信用ないんじゃないの?

シェアハウスに関する掲示板みたいなウェブサイトで読んだんですが、シェアハウスに住む人は信用情報がブラックリストに載っているからだと思う人がいるようです。

 

そういう人もいるのかもしれませんんが私の周りや私自身は違います。職場が実家から遠いからとか、いろんな人と関わりたいとか、シェアハウスには海外の人も結構入ってきます。

日本の不動産やさんで部屋を借りるにあたって、日本語ペラペラくらい喋れないと部屋を紹介してくれないそうです。いまでは保証会社などありますが、仲いい友達も保証人はなりたくないでしょうしね。

 

私の場合は家具を買うお金を捻出するくらいならそのお金を貯蓄にまわしたいと思ってきました。 またシェアハウスは基本的にデポジット+当月の家賃+身分証明書で入居可能でめんどくさい審査や書類手続きが省けます。退出希望なら一か月前に連絡するだけでOKです。要するに入居、退去が簡単。

一人暮らしを始めても家賃によってはシェアハウスのほうが割安な可能性もあります。 しかし私ももうすぐ20代も終わりなので一人暮らしがしたいです。家具なんて少しずつ買っていけばいいんです。でも一人暮らしし始めて割高なのはきついのでよく考えてからシェアハウスを出たいです。 そうやってタイミングを逃し続けてるのが私がシェアハウスに住み続けてる理由です。

 

いやー、こまったね。